作品紹介

仁義の墓場

渡哲也さん主演、渡さんの代表主演作品は日活に多く、東映では「レディジョーカー」「長崎ぶらぶら節」、そして「仁義の墓場」「やくざの墓場・くちなしの花」の4本のみ。
本作は渡哲也さんの東映に おける代表作である。
本作は、渡さんの東映初主演作品でもあり、深作欣二監督を起用したのも渡さんだ。
任侠道にも仁義にも反し、破壊的な人生を死に急いだ石川力也をモデルにした陰惨な実録路線。
深作欣二、笠原和夫脚本のコンビは「実録共産党」を発表したが、まもなく製作を断念。実質「やくざの墓場」が最終作となった。
脚本の鴨井達比古は、当初 渡さんが所属していた頃の日活に本作の企画を持ち込んだが 日活は いっこうに乗り気ではなく、「新 仁義なき戦い」撮影時の深作欣二と会った。
「深作さんは、さあどう撮ろうかという時にならないと、具体的なイメージが出てこない人なんですね。基本的なことは話し合いましたけど、抽象論では分からないわけですよ。ぼくは深作さんとは決定的に合わなかった。深作さんは石川力夫と同世代で戦後の闇市を知る世代でもあり、その観点で石川を捉えていこうとする。ぼくの方は時代設定が昭和20年代であっても昭和40年代に引っ張り込もうとする。そのあたりが決定的に違ってました」
鴨井は深作に「仁義なき戦い 新宿死闘編」を望んでいたのである。深作は鴨井のシナリオのどこが気に入らないか指摘するわけではなく『どこか微妙に~感覚的に違うんだな』と言っただけで鴨井脚本では撮れないと土壇場になって気心知れた神波史男、松田寛夫を呼び、一週間ぐらいで書き直した。
鴨井は激怒、「おい!こっちは半年かかってるのに撮影直前になってこのホンでは撮れないなんてプロじゃない、一言も断りもなく直してしまうなんて無礼千万!!僕のホンで撮ればもっと傑作になったよ。
深作さんが名監督になると、何をやってようと深作批判はタブーだという風潮が出てくるんだ。これは権力だ、思い上がりだ。」
神波史男が『キネマ旬報』で 松田寛夫と 反論。「無論スタート時に鴨井氏のシナリオは読まされてはしたが、我々の狙う表現とは対極のものとして、完全に捨ててかからざるを得なかった、我々は鴨井氏のシナリオを全く使っていない、その作業の内実たるや、決して手を入れてしまった程度のものではない、一週間の執筆期間しかなかったのは事実だが、半年かけられた鴨井シナリオとは別個に自立するものである、曲がりなりにも一週間で書けたのは、藤田五郎の的確な原作、改めて基礎的な調査をやり直すために、現地まで走ってくれた梶間俊一ら助監督諸氏の力。シナリオ作者はあくまで我々であって鴨井氏ではない、我々としても、当時東映に対して鴨井氏のタイトルを外すよう強く要求しなかった点を反省するが、鴨井氏も、今になってこのような発言をされるのなら、あの時点で、潔くご自分のタイトルを降ろすべきでなかったかなどと反論した。
多岐川裕美が演じたヒロイン地恵子は、鴨井シナリオでは強い女として描かれていたが 神波、松田版では、自らの意思薄弱、周囲に翻弄される女に変えられた。
いずれにしても いかなる行き違いや感情が行き交いしていたとしても 映画「仁義の墓場」は ひとりの大監督と3人の脚本家の力量がなければ 大成しなかったのである。

(新世界東映)

荒野の渡世人前のページ

5/5(金)〜11(木)次のページ

関連記事

  1. 作品紹介

    緋牡丹博徒お竜参上

    ニセのお竜がこの世に残した盲目の娘を探して旅をする。娘との涙の再会が、…

  2. 作品紹介

    博奕打ち

    任侠映画の大傑作。大スター鶴田浩二の「博奕打ち」シリーズ第1弾初め…

  3. 作品紹介

    関東テキヤ一家 天王寺の決斗

    シリーズ二作目「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」は、ここ新世界東映がある…

  4. 作品紹介

    いれずみ半太郎

    苦労して貯めた十両を持って江戸へ向う渡世人姿の半太郎(大川橋蔵)、生き…

  5. 作品紹介

    博徒一家

    明治40年の賭博禁止令施行の その時代、浅草荒政一家の親分・政五郎は …

  6. 作品紹介

    忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻

    各社が競って製作した忠臣蔵。東映が演劇陣と総力を結集して映画化である。…

特集記事

  1. 極楽映画闘争篇
  2. 一撃昇天娯楽映画選!
  3. 集まれ!秋の大乱闘
  4. 激突!任侠道
  5. 夏と太陽と健サン
  1. 作品紹介

    緋牡丹博徒 花札勝負
  2. 上映スケジュール

    色と掟 春の任侠映画
  3. 作品紹介

    渡世人列伝
  4. 作品紹介

    博奕打ち いのち札
  5. 作品紹介

    安藤組外伝 人斬り舎弟
PAGE TOP