作品紹介

まむしの兄弟 懲役十三回

昭和10年 浅草六区興行街。13回目の懲役を終えたゴロ政(菅原文太)と勝(川地民夫)は、ムショで兄弟分になった浅草南村一家の(観音と呼ばれる)弥之助(天地茂)を頼って東京へ向かう。ところが、弥之助は吉原東竜会の岩淵に殺され、二人は 神戸から来た殺し屋と間違われる。
東竜会はふたりを骨抜きにしようと吉原で豪遊させるが、そこに現れたのは本物のヒットマン!
遊郭に残された政の運命は いかに。
シリーズ3作目にして1番面白い と評判が高い 。
ラスト近くに川谷拓三が出て大活躍。中島貞夫監督の演出は シリアスで リアルな映像に定評があるが、鈴木則文のようなコミカルなタッチも いい! 遊郭に入って 案内にきたヤリテおばあさんを間違えて手にかけてしまう文太の おとぼけぶり。文太がシングルファザーとなって赤子を背負ってる姿なんて本作以外には見れない。
「皆殺しじゃ〜」クライマックスは文太と民夫の殴り込みスペクタクル!
見ごたえ満点の まむしの兄弟 を大スクリーンで楽しんで欲しい!

(新世界東映)

股旅 三人やくざ前のページ

7/28(金)〜8/3(木)次のページ

関連記事

  1. 作品紹介

    肉体の門

    田村泰次郎による同名小説の5度目の映画化だが、さすがは東映映画として成…

  2. 作品紹介

    緋牡丹博徒 一宿一飯

    当館 好評の 藤純子主演 “緋牡丹博徒”シリーズ第2作。恩義ある戸…

  3. 作品紹介

    博奕打ち

    任侠映画の大傑作。大スター鶴田浩二の「博奕打ち」シリーズ第1弾初め…

  4. 作品紹介

    木枯らし紋次郎 関わりござんせん

    菅原文太主演。木枯らし紋次郎は中村敦夫が演じたお茶の間時代劇が あまり…

  5. 作品紹介

    妖艶毒婦伝 般若のお百

    1968年から1969年にかけて全3作品が製作された宮園純子主演による…

  6. 作品紹介

    侠骨一代

    富沢有為男の小説を映画化。芝浦を舞台に繰り広げられる組同士の血で血…

特集記事

  1. 極楽映画闘争篇
  2. 一撃昇天娯楽映画選!
  3. 集まれ!秋の大乱闘
  4. 激突!任侠道
  5. 夏と太陽と健サン
  1. 作品紹介

    日本侠客伝 花と龍
  2. 作品紹介

    強盗放火殺人囚
  3. 作品紹介

    三池監獄 兇悪犯
  4. 作品紹介

    暗黒街最後の日
  5. 作品紹介

    博奕打ち いのち札
PAGE TOP