作品紹介

妖艶毒婦伝 般若のお百

1968年から1969年にかけて全3作品が製作された宮園純子主演による『妖艶毒婦伝』シリーズの第一作。 歌舞伎や講談でも有名な江戸中期の毒婦・妲己のお百がモデル。
「インバイの娘はインバイなのかい!」
夜鷹の母から淫らな血を受け継いだ女の宿命と葛藤。
袋小路に追い詰められた愛欲の爆発をダイナミックに描く。
東映は 1965年に「東映好色新路線」としてエロス映画を大手映画会社としては異例の製作方針を打ち出した。
岡田社長は東映社内報(確か1969年正月?)で「セックス、暴力といったものは娯楽映画の基礎的条件の一つで、表現形式はいろいろ変わっていくと思いますが、消えるということはありません」と打ち出し、正月映画「徳川家康」の不振、時代劇の低迷から任侠映画で奮い立たせた この時期に「エロス」という重要な路線に走らせたのである。
監督 編集 監督の石川義寛はシリーズ1作目の本作で降板したが、続く『妖艶毒婦伝 人斬りお勝』『妖艶毒婦伝 お勝兇状旅』でバトンタッチした監督、中川信夫の弟子であり、新東宝時代に「東海道四谷怪談」など 中川の怪談映画に助監督や脚本として尽力した功労者。新東宝の倒産で、東映所属になったとされる。
主演の宮園純子は1960年に東映ニューフェイス第7期生で2、3週間に二本立て興行の 東映が量産するプログラムピクチャーに多数出演。しかし最高の美貌の女優であったのに 主演にはなかなか抜擢してもらえず、本作こそが入社8年目にして初主演作なのである。
しかしながら、長年カメラの前で演技し続けた苦労は 本作の見事な”芝居”に開花されており、その女の情念と激しさに惹き込まれてしまうのだ!

(新世界東映)

緋牡丹博徒 花札勝負前のページ

6/9(金)〜15(木)次のページ

関連記事

  1. 作品紹介

    シルクハットの大親分 ちょび髭の熊

    " お竜はん、あんた いつも ええとこで 出てきまんな!"涙と笑…

  2. 作品紹介

    まむしの兄弟 懲役十三回

    昭和10年 浅草六区興行街。13回目の懲役を終えたゴロ政(菅原文太)と…

  3. 作品紹介

    博徒一家

    明治40年の賭博禁止令施行の その時代、浅草荒政一家の親分・政五郎は …

  4. 作品紹介

    極道の妻たち 危険な賭け

    " 狙いは、日本の頂点や!"シリーズの第9作目。岩下版としては7作…

  5. 作品紹介

    関東テキヤ一家 天王寺の決斗

    シリーズ二作目「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」は、ここ新世界東映がある…

  6. 作品紹介

    仁義の墓場

    渡哲也さん主演、渡さんの代表主演作品は日活に多く、東映では「レディジョ…

特集記事

  1. 極楽映画闘争篇
  2. 一撃昇天娯楽映画選!
  3. 集まれ!秋の大乱闘
  4. 激突!任侠道
  5. 夏と太陽と健サン
  1. 作品紹介

    花と嵐とギャング
  2. 上映スケジュール

    色と掟 春の任侠映画
  3. 作品紹介

    孤独の賭け
  4. 作品紹介

    日本女侠伝 血斗乱れ花
  5. 作品紹介

    殺人拳 2
PAGE TOP